画像1


(8/2追記)7/29より営業再開しています
7/20に摘発された六本木ガスパニックが7/29より営業再開

(7/23追記)
摘発理由が判明しましたので新記事投稿しました!

六本木ガスパニックは「無許可営業」で摘発!経営者とDJを現行犯逮捕

7/20の23時、六本木のGASPANIC(ガスパニック)が警察により摘発されております。
偶然現場に遭遇しまして、5月のVANITY摘発同様、報道陣も押し寄せております。
護送車が店前に泊まっており、どうやら経営者も連行されている模様。

取り急ぎの実況更新でした。続報は追ってお送りします!

(以下、7/21追記)
VANITY摘発時には以下の記事を書きました。
なぜクラブが次々と摘発されているのか?今回VANITYも対象となった理由とは

その時、VANITYが摘発された理由としては以下が考えられました。
⇒後の報道で判明しましたが、実際にその理由での摘発でした。
・風営法(風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律)によって、「ダンスをさせる営業」には色々な規制が課せられている
・その規制の中の1つ「営業時間は住居地域で午前0時まで、近隣商業地域で午前1時までの制限」に、バニティが反していた


が、今回のGASPANIC摘発は23時台に起きたことです。
VANITY摘発は2時台と、規制時間帯での摘発だったことを考えると、摘発理由はまた別にあるのかもしれません。

以下でまとめましたが、GASPANICの摘発は過去にもありました。
有名クラブへのいわゆる“ガサ入れ”情報を時系列でまとめてみた

その際の摘発理由は、「風営法による営業停止を無視したことによる摘発」でしたが、時間帯のことを考えると、また同じ理由なのかもしれません。
あれだけの報道陣が注目していたことを考えると、おそらく今日中にはなんらかの報道がされることでしょう。

「なんで摘発の事前にあんなにマスコミ(報道陣)が準備しているの?」
というTwitterでの書き込みが散見されましたが、アレは、各テレビ記者さんや新聞記者さんが、事前に警察から情報を手に入れて先回りをしているためでしょう。
警察としても世に知らしめたい思いがあり、報道して欲しかったんだと思います。
そんなに裏事情を勘ぐるところではなく、普段常日頃から警察報道というのはこういうものです。

あ、でも今日のマスコミは7/21参院選で忙しそうなので、クラブ摘発の件は後回しになるかもしれませんね。
こんな試算もありますし、みなさんちゃんと選挙の投票も行きましょう笑
若者の投票率が1%下がると13万5千円損 東北大学院教授が試算

ちなみに、Twitterにいくつかリアルタイムな画像があったので、今回もTogetterにまとめを作っておきましたので、以下引用します。
7/20に六本木のクラブGASPANIC(ガスパニック)がまた摘発!大勢の警察やマスコミが押しかけて現場大混乱 - Togetter








 
 このエントリーをはてなブックマークに追加 

Twitterでは週末中心にリアルタイムに色々つぶやいています!